商品レビュー 食品

BBQに♪US冷凍ビーフ骨付きショートリブ レビュー

2018年5月6日

https://t-leap.com/costco

4月のコストコ入り口看板に、こちらが掲載されていました。

3001円OFFて!!笑

 

もはや、販売価格よりも値引き額の方が大きいです。笑

こちらの商品、賞味期限が5月2日だったんですよね。

在庫と期限の関係で、4月19日から大幅な割引をしていました。

 

激安品を見つけた時は、興奮気味につぶやいてます( *´艸`)
浜美Twitter

 

骨付き8mm厚さの2kg。

これはバーベキューで活躍しそうなお肉☆

早速レビューしていきますね♪

スポンサーリンク

US冷凍ビーフ骨付きショートリブ


商品名:US冷凍ビーフ骨付きショートリブ
購入価格:1998円(2018/4店頭にて3001円OFF時)
通常価格:4999円(2018/5時点)


名称:アメリカ産冷凍骨付き牛肉
原材料名:牛肉(米国産)
保存方法:-18℃以下で保存して下さい。
賞味期限:個々により違う
内容量:2kg(1kg×2パック)
加工者:株式会社ナチュラリズム 第二工場

 

ショートリブって何!?

お肉って、部位によって名前が違いますよね。

あまり聞きなれないけど、なんだか美味しそうな名前

ショートリブ

ショートリブとは、牛の腹に当たる部分「ともばら」を、中央から2分割した上側の「うちばら」の一部。
(引用:肉の牛善http://gyuzen.co.jp/cat/introduction/short_rib/)

 

お肉の名前って、切る部分によって微妙に違ってくるので、正しい定義を探すのに苦労しました。

何と表現したら伝わるかな?と、言葉を探したのですが、精肉・焼き肉業界でも定義が違ってくるんですよね。

例えば同じ「カルビ」でも、「上カルビ」とするか「特上カルビ」とするのか、焼肉業界では各お店の采配次第なんですよね。

しかも精肉店だと、さらに法律が絡んできて、一概に表記できないなど、本当に奥深い。

マニアックに調べたのですが、オエっとなりました。笑

 

もう、本当にざっくり言うと

ショートリブ

バラ肉の一部です!!笑

 

こちらの商品は「骨付きショートリブ」ですが、付いている骨はこんな感じ。

珍しいですよね。

一般のスーパーでは、あまり見かけないと思います。

日常的には使いにくいので、バーベキューの季節や、個人的に依頼があった時に取り寄せる商品だそうです。

そんな商品も、コストコでは通常販売してるって、スゴイですよね◎

スーパーでは、あまり取り扱わない商品ということもあり、298円/100g以上する場合が多いそう。

コストコの通常価格で単価計算すると、約250円/100g。

コストコの方が安いですね◎

 

お肉の格付け

アメリカから輸入されるお肉には、格付け(グレード)があります。

日本でも「A5ランク」など、牛肉の格付けを目にすることがありますが、それのアメリカ版。

アメリカン・ビーフのグレード


コストコでは、上から二番目の「チョイスグレード」をメインに取り扱っている様。
(最高ランクの「プライムグレード」商品も見かけます◎)

今回購入した商品にも、「チョイスグレード」シールが☆

上から二番目のグレード、期待も高まります( *´艸`)

 

※正確に言うと、アメリカン・ビーフのグレードは、4区分だけではありません。
詳しく知りたい方はメッセージ下さい(^^)b笑

 

 

パッケージ考察

おなじみ、パッケージ考察。笑

こんな感じで、中心がテープで巻かれているのですが、これを外すと

2パックに分かれているんです!!

正確に言うと、2パックはつながっているんですが、真ん中をハサミでカットでき、1パックずつ保管できる◎

しかも、真空パック!!

真空パックだと、空気に触れない分、冷凍焼けが防げるんですよね◎

この真空パックのおかげか、賞味期限ギリギリでしたが、焼いても冷凍臭さはゼロでした!!

 

コストコでお肉を買う時のデメリットと言えば、そのままでは保存がしにくい事。

塊のお肉であれば、2kg分切って、小分けにして・・・ってやるの、結構手間なんですよね。

こちらの商品は、カットした状態で、1kgずつ真空パック包装されているので、かなり便利!!

2家族でシェアしても良いし、1パックだけ使い、もう1パックは保存してもOK◎

といっても、1袋1kg入りなので、1回で使いきれない分は、小分けにする手間が有りますが((^^;

 

1パック、それぞれ13枚・14枚入りでした◎


パック上でも、お肉によって、結構、脂肪量の違いがわかります。

重なってる部分もあるから、すべてのお肉はわからないけど、赤身と脂肪のバランスをチェックして選ぶと良いかも◎

スポンサーリンク

焼いてみた

早速、焼いてみました。

冷凍品なので、購入当日に焼く場合でも、解凍時間ロスはありますね。


大きめですが、普通のフライパンで焼けるサイズ。

 

焼き上がりはこちら


お肉によってバラつきがあり、中くらいの物で、1枚約52g。

サイズは


5×20×0.6~7cm

生では8mmの厚み、焼いてもこの厚さなので、食べ応えがありそうです(^^)

 

 

お味は??

ハッキリ言います。

 

うん、美味しい◎

(^^)/

 

厚みがあるので、ミニステーキを食べている気分です♪

一般的な米国牛より食べやすい気がしますね。

グレードが2番目ではあるけど、バラというやや脂身の多い部位なので、柔らかさと旨味がある、十分美味しい商品。

バーベキューの様に網で炭火焼きをすれば、程よく脂が落ちて、さらに食べやすくなりそうです。

普通に食べると、大人1人で2~3枚位がちょうど良いかな。

バラと言っても、豚バラほど脂身は多くありません。

 

いわゆる最高級の柔らかさと言う感じとは違うのですが、適度にサシがあり、美味しい「アメリカン・ビーフ」を食べてるという感じです。

伝わるかな??笑

 

ミスターナイーブ旦那の、細かい食レポによると

「輸入牛でたまに感じる、エサの牧草の様な香りや味は感じず、食べやすい商品」

とのこと。

さすがミスターナイーブ!!笑
(ミスターナイーブについて知りたい方は、こちらの食レポをご参照下さい。笑)

 

6歳児はもちろんのこと、2歳児も手づかみでバリバリ食べていました◎

4人家族の我が家では、1パック1kgで二食分ほどあります。

 

今回、「骨付き」という事で、三か所に骨がありました。

見た目でわかる、はっきりとした骨です。

骨がある分、普段のお肉より「おぉ~っ」となりますが、その分、骨を避けながら食べるのが手間ではあります((^^;

手づかみ食べは必須かも!?

我が家のギャングズも、手づかみ食べで、脂ギッシュなお手てになっていました。笑

 

ちなみに1枚にあった骨だけ重さを量ると

約16gありました。

骨付き肉の場合、100gあたりのお値段に、きちんと骨分もカウントされていると意識しなくてはですね(^m^;

スポンサーリンク

骨付きショートリブまとめ

・珍しい商品

・チョイスグレードで美味しい

・コストコが安い◎

 

国産牛や和牛のような味とはまた違いますが、大人数でワイワイと食べると楽しい商品かなと思います。

今回、2kg1998円というかなりの破格値で購入でき、大満足です。

通常値では4999円、単価計算すると約250円/100g。

骨付きである分、骨のないお肉と純粋には単価比較できないのですが、ショートリブでは、お手頃価格だと思います。

 

こちらの商品、我が家的には

バーベキューで買いたい商品

となりました。

 

普段使いでは、骨無しの方が食べやすく、単価が安い場合もありますしね((^^;

大人数のバーベキューで、盛り上がりたい商品です♪

 

 

Twitter
https://twitter.com/costco_hamami

インスタ
https://www.instagram.com/costocohamami/?hl=ja

-商品レビュー, , 食品
-

Copyright© コストコガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.