コストコ【メニセーズ パン~フレンチロール~】アレンジ方法もご紹介☆彡

コストコ商品レビュー, パン

コストコで今年夏から販売されている【メニセーズ フレンチロールパン】。

販売されては売り切れ(><)

しばらく姿を見せないと思いきや、再入荷を繰り返している商品です。

コストコファンの間で話題の、メニセーズのパン☆

・どうして話題なの?
・アレンジ方法は?
なども含めて、レビューします(^^)/♪

コストコ【メニセーズ フレンチロール パン】


販売価格:498円(2018/10月時点)

購入価格:498円


名称:パン

原材料名:小麦粉、イースト、食塩、発酵小麦粉、麦芽小麦粉/酸化防止剤(V.C)
内容量:1.2kg(50g×24個)
賞味期限:袋添付ラベルに記載
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい所で保存
開封後は冷蔵庫で保存し、お早めにお召し上がり下さい。
原産国:フランス
輸入者:コストコ

 

menissez(メニセーズ)って??

menissez(メニセーズ)は、創立53年のフランスにある会社です。
最初は、一般的な個人パン店として、焼いたパンを販売していました。

1980年代以降、冷凍パンや半製造パン(自宅で焼いて完成)の販売を開始。

数年かけ、独自の酵母を開発し、独自の味と貯蔵期間の延長に成功したそうです。

今では、保存期間の延長に成功し、会社製造パンの約70%が輸出用。

年間16万トンのパンを製造しています。

menissez(メニセーズ)のパンは、
メニセーズ パン
・防腐剤
・着色料
・遺伝子組み換え原料
を、一切使用していません。

有機農法小麦も使用しているそう!!

浜美
浜美
原料にこだわってる感がスゴイですね◎
輸出用パン中心の会社なのに、防腐剤不使用も好印象☆

※酸化防止剤としてV.Cは使用。

情報参照元:menissez(メニセーズ)HP
↑日本語ではありません(笑)

販売歴は、コストコでは数年前に販売していた店舗があったようです。

今年、数年ぶりに再販され、コストコファンの間で話題となった商品です☆

以前の商品名は「ミニパン」でしたが、今回は「6フレンチ ロール」と表記。

レシートには「メニセーズ プチパン 24P」と記載がありました。

以前のタイプは食べたことがないので、全く同じかは不明ですが、メニセーズパンは現在コストコで1種類。

「メニセーズのパン」で伝わると思います☆彡

メニセーズ プチパンの考察

6個入りで4パック、全部で24個入りです。

切込みはありませんが、隙間をハサミで切れば、1パック(6個)ずつ使えます◎

6個ずつ食べられるので、便利ですね♪

保存方法は、なんと…

常温保存OK!!
※直射日光や高温多湿を避け、涼しい所で

しかも、賞味期限は購入から

約1ヵ月以上!!

常温保存で1ヵ月以上もつパンって、すごいですよね◎
※入荷のタイミングで違うので、2ヵ月や数週間の商品もあります。

浜美
浜美
さすが、独自開発酵母と密封パック◎

パック素材は結構丈夫なのですが、持ち帰る際、他の商品とぶつかって袋に小さな穴が開いてしまう可能性もあります。

また、だいぶ涼い季節になってきましたが、雨が多かったり暑い季節なども…

時期や穴あきの状況により、冷蔵・冷凍保存が確実かと☆

浜美
浜美
我が家(10月)は、常温保存で全然大丈夫でした(^^)/

開封後は、冷蔵庫で保存必須なので、お気をつけ下さい。

開封してみると、白色のパン達が6個♪

白パン??と思いきや
自宅で焼いて完成するパン
なんです。

「焼くと美味しい」わけではなく、「必ず焼く」必要がありますのでご注意を☆笑

焼く前のパンなら、形を変えて子供と遊べるかな~と思ったのですが、焼く前でも形はしっかりしています。

形成し直すのは不可能な硬さですね((^^;

逆に、綺麗に形成してあり崩れないので、持ち帰りにちょっとやそっと揺れてもOK!

焼く前の1個サイズはこちら☆


1個50g台の小ぶりなパンです。

一応、1パック分を量っておきましょう☆

表示では、1個あたり50gです。

多めで好印象!?と思ったのですが、焼き後は…

皆様、ちょっぴり軽くなりました。笑

水分が飛んだのかな??

でも、焼いた後も1個あたりの平均は50gをキープしている感じです。

焼き後の1個サイズは

横幅が0.5cm縮まりましたが、他は同サイズ。

焼き前と焼き後で、サイズ的には大きな変化はありません。

なので、そこまでパン同士を離して焼かなくても、くっつく心配はありません(^^)/

Sponsored Links

メニセーズ パンの焼き方

パックに貼られている日本語ラベルに、焼き方が書かれています◎

ですが、たま~に、貼られていないものもあったので(笑)
焼き方をご紹介☆

1.開封し、パンに水を振りかける。
我が家には、食用の霧吹きなどというオシャレなものはありません。

手に水をつけて、パッパと振りかけてやりましたよ(笑)
全然これでOK!

2.天板に乗せ、予熱後オーブン200~220℃で10~12分焼く

3.完成

我が家は、200℃では全然美味しそうな焼き色が出来ず(><)
220℃で12分が、ちょうど良かったです◎

各オーブンの強さによって違うので、低めの温度&短め時間から挑戦していきましょう(^^)/

商品ラベルには、「オーブン」の焼き方しか書かれていませんでした。

私的に、レンジのみだと焼き色がつかないし、トースターでは一部が焦げやすいかと(><)

一番キレイに美味しく焼けるのは、オーブンかなと思いました(^^)/

メニセーズ【フレンチロール パン】お味は??

焼く前は、かなり白いパン。

オーブンで焼くと、良い色◎

いただきま~す♪

表面がカリッカリ★

中は、ふわっというより、ふわモチっとな感じです。

中がやわらかな、ミニフランスパンみたい(^^)/

底も、まるでフランスパンのような模様☆

味は、やや塩分が強めで、すごくシンプルです。

原材料に、砂糖やバターなどは入っていません。
小麦と食塩、原材料の素材を味わう感じかな☆

バターロールなどのイメージで食べてはダメですね。

クセのない、シンプルな味わいのパンです(^^)/

 

メニセーズ【フレンチロール パン】アレンジ方法

・バターを添えて
塩分が強めなパンなので、無塩バターでも◎

・バター&苺ジャム
小麦の味わいは打ち消されちゃいますが、王道の組み合わせ♪

・ハム&レタス
手軽なアレンジですね(^^)/

・茹で卵レタス
たんぱく質補給に♪

・卵サラダ
卵サラダの塩分は、控えめがおすすめ☆

・朝食のテーブルロール☆
焼きたてのパンで、豪華朝食風になります( *´艸`)

他にも、オリーブオイルをつけてもOK♪

シンプルな味なので、基本何でも◎
ですが、合わせるものは塩分が控えめの物が良いかと☆

Sponsored Links

メニセーズ【フレンチロール パン】総合評価

・数年ぶりに販売の話題商品
・こだわりの原材料

・常温保存で長期保存可
・焼くだけで、自宅で出来立てパン
・塩分は少し強め

オーブンで数十分で、出来立てフランスパン風パンが食べられる!
コストコ製造のフランスパン、カントリーフレンチホールウィートブレッドは大きくてインパクトありだけど、こちらはお手頃サイズです◎

しかも、こだわり材料なのに、1個あたりの値段は20.75円。

常温保存で、長いと1ヵ月ほど期限があるのも、好ポイントです☆彡

かなりコスパは良いと思います◎

欲を言うと、塩分がもう少し抑えめだと私的に嬉しいかな(笑)
長期保存の面で、塩分は仕方がないのか…

焼くならぜひオーブンで&出来立てを!な商品です☆彡

浜美
浜美
焼きたては、表面カリッカリ、中はふわモチ~です(^^)/

こちらのメニセーズのパン、10月末日にコストコ浜松で購入した際は、木村屋總本店パンケーキの隣で販売していました。
↓赤星近辺↓

コストコベーカリーコーナーとは違う、パン棚の向かい側です。

店舗やタイミングにより、配置は違うかと思いますが、ご参考に(^^)/