デリカ 商品レビュー 食品

コストコのバターミルクフライドチキンは後がけメープル付き⁉

コストコのバターミルクチキン

https://t-leap.com/costco

Webメディアで、コストコ専門ライターをしている浜美(@costco_hamami)です。

 

コストコのデリカコーナーに新商品

バターミルクフライドチキン

が登場しました!

 

結論だけ知りたい方に、お先にポイントだけお伝えすると以下の通り。

  • 国産鶏を使用
  • フライドチキンに後がけメープル付き
  • 各味は万人ウケだけだが合わせると賛否両論
  • リッチ価格

本文では、細かなコスパ検証や冷凍保存方法などもご紹介しています☆

 

スポンサーリンク

コストコ バターミルクフライドチキン

コストコのバターミルクチキンの蓋を開けた様子

バターミルクフライドチキン /  2380円(税込)

2021年12月の新商品です。

 

バターミルクフライドチキンとは?

バターミルクチキン

店頭の商品説明では、以下の記載がありました。

国産鶏肉をバターミルクに漬け込み、こんがりと焼き上げたフライドチキンです。

オーブンやトースターで温め、熱々のところに付属のメープルシロップをかけてお召し上がり下さい!

ちなみに「バターミルク」とは、牛乳からバターを作るときにできる液体のことだそうです。

「バターミルク」は、強い酸味とクリーミーな食感をもつ、いわゆる「発酵乳」。

そんな発酵パワーのあるバターミルクでお肉を事前に柔らかく漬け込み、シーズニングで味付けをして揚げたフライドチキンなんですね。

てっきり、バター&ミルク=ココナッツ系アジアンテイストを想像していました。笑

そのため、原材料には「バター」や「牛乳」の表記はありません。

コストコのバターミルクチキンの原材料

そして、チキンに甘いメープルシロップの組み合わせとは⁉

内心、ちょっとドキドキしています。笑

実は「バターミルクチキン」はアメリカで、ポピュラーなメニューだそうです。

最近、日本でも専門店が出店し始めている、注目のチキンです♪

ただ、日本の専門店ではメープルシロップの付属有無はお店により違いがありました。

「バターミルクチキン」=「メープルシロップが必須」というわけではないのかもしれません。

 

コストコのバターミルクフライドチキンの特徴

コストコのバターミルクチキンの内容

中には、手羽元が18個、付属のメープルシロップ2袋、パセリが少量入っていました。

内容量の表記はどのパックも1090g・2380円で統一されていました。

デリカの冷蔵コーナーに並んでおり、購入直後はチキンが冷凍状態でした。

コストコ店舗にはフライヤー(揚げる機械)がないため、多分、冷凍入荷のフライドチキンをそのまま詰めていると思います。

 

スポンサーリンク

コストコのバターミルクフライドチキンの温め方

コストコのバターミルクチキンはアルミトレーのままオーブン温めが可能

温め方は、蓋と付属のメープルシロップを取り出し、アルミトレーのまま180℃のオーブンで15分ほど温めればOK。

わが家は時短のため、レンジ+トースターで温めましたが、美味しく温まりました◎

 

コストコのバターミルクフライドチキンの味

コストコのバターミルクチキンの断面

まず、チキンだけで食べてみると、柔らかくてジューシー♪

シーズニングの味もしっかりとついていてクセもなく、美味しいフライドチキンです。

スパシーな辛さもないので、子ども達もお気に入りでした。

 

そして今回の目玉⁉メープルシロップをかけてみると…

コストコのバターミルクチキンに付属しているメープルシロップ

ん?

「THE フライドチキンにメープルシロップをかけました」的な味です。

フライドチキンの塩気とシロップの甘さがやってくる、甘じょっぱい組み合わせですね。

コストコのバターミルクチキンのメープルシロップがけ

わが家的には、あまり食べ慣れない味なためか

『フライドチキンとメープルは別々に食べた方が良いね』

という意見で家族全員一致しました((^^;

まずいというわけではありません!

ただ、味がまとまるというより、それぞれに主張している感がありました。

でもこの甘じょっぱい組み合わせ、好きな方にはたまらないと思います。

好みが分かれそうな印象です。

 

スポンサーリンク

コストコのバターミルクフライドチキンのコスパ検証

コストコのバターミルクチキンの各原料の内容量

今回のポイントは、国産鶏の手羽元を使用している点。

以上も加味し、コストコで買える商品から原材料の予想価格を出してみました。

使用量販売価格かかっている予想価格
国産手羽元1023g1398円/2.5kg約573円
メープルシロップ80g×21698円/1L=1329g約204円
パセリ少量不明不明
合計777円

販売価格との差額は、1603円。

この中に、バターミルクに漬け込み&シーズニングをまぶして揚げる手間、パセリ・容器代などが含まれている計算になります。

ちなみに、チキン1本(57g)あたりでは132円です。

コストコのバターミルクチキン1本と会員証の比較

これは、ケンタッキーのチキン1ピース平均120g前後250円と、ほぼ同等かちょっと高いレベルです。

バターミルクや国産鶏使用とハイスペックではありますが、正直、ちょっとお高めだと感じてしまいました。

 

※予想価格なので、あくまで目安としてお楽しみ下さい。

 

コストコのバターミルクフライドチキンの冷凍方法

コストコのバターミルクチキンの冷凍方法

実験的に、数個冷凍したところ、やや肉質は固くなりますが極端に味は劣りませんでした。

わが家では、ジッパー付き袋に入れて冷凍しました。

レンジで温める際、油物なのでラップや袋のままだと溶けてしまう可能性があります。

お皿に移して温め直しましょう。

※再冷凍になりますので、可能有無はご判断下さい。

 

スポンサーリンク

コストコのバターミルクフライドチキンのカロリー

カロリーは、100gあたり210kcalです。

1パックの総カロリーは 2497kacl になります。

1本あたり、約139kcalになります。(メープルシロップとパセリも込)

コストコのバターミルクチキン1本と会員証の比較

鶏肉の1個平均はパックにより異なりますので、目安としてご参考にして下さい。

 

コストコのバターミルクフライドチキンの総合評価

バターミルクフライドチキンのポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 国産鶏を使用
  • フライドチキンに後がけメープル付き
  • 各味は万人ウケだけだが合わせると賛否両論
  • リッチ価格

フライドチキンはやわらかく、シーズニングの味付けも美味しい万人ウケタイプだと思います。

名前に「バターミルク」とは付きますが、一般的なフライドチキン系の食べやすい味です。

メープルシロップも、甘みが強くスイーツに合いそうな食べやすい味です。

コストコのバターミルクチキンの盛り付け

しかし、フライドチキン×メープルシロップという組み合わせは、あまり日本では馴染みがないかな⁉

そのため、少し好みは分かれそうな気がします。

わが家的には、家族全員があまり好みの味ではなかったため、価格も含めて一度食べて満足かな((^^;

チキンの味自体は美味しかったので、安ければ大いにアリですが☆

 

でも『しょっぱい×甘い』といった新しいステージが、ハマる方にはハマるかも⁉

お好きな方も多いんじゃないかな☆

試しに、ご自宅のお手頃冷凍フライドチキンにメープルシロップをかけてみて『美味しい!』と感じたら、チャレンジすると良いかもしれません。

品質は、確実にコストコの方が上だと思います。

万が一、好みに合わなくても、別々の消費もアリ◎

その点では、チャレンジしやすい商品かなとは思いました☆

 

スポンサーリンク

価格

2380円(税込)/1463円(税抜)

サイズ・容量

内容量:1090g

※実測値は1189gでした。

パック外観のサイズ は  31cm(横)×19cm(奥)×6.5cm(高さ)。

冷蔵庫の空きスペースは要チェックです。

消費期限・賞味期限

加工日含め3日間。

商品番号

96724

原材料

コストコのバターミルクチキンの原材料

-デリカ, 商品レビュー, 食品
-

© 2022 コストコガイド Powered by AFFINGER5