商品レビュー 調味料 食品

コストコのコナッツオイルは安い?コスパや使い方もご紹介

https://t-leap.com/costco

Webメディアで、コストコ専門ライターをしている浜美(@costco_hamami)です。

 

海外セレブの間で「美容と健康に良い」と話題になったココナッツオイル。

コストコでも販売しているんですよ~☆

ということで今回は、コストコの

オーガニック ココナッツオイル

をご紹介します。

 

結論だけ知りたい方に、お先にポイントだけお伝えすると以下の通り。

  • コストコは圧倒的な安さ
  • 健康的な食品
  • ココナッツ風味満載
  • 量には注意

本文では、他店との価格比詳細や活用方法もレポしています。

 

スポンサーリンク

コストコのオーガニックココナッツオイル


商品名:KS有機ココナッツオイル2285g
商品番号:1244502
店頭通常価格:1878円(2020年2月時点)
購入価格:1878円
コストコ公式通販価格:2080円(2020年時点)

 

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルは、ざっくり説明するとココナッツからできた油のことです。

植物油の中では珍しい「中鎖脂肪酸」が多く含まれています。

母乳や牛乳にも含まれる成分だよ

中鎖脂肪酸は、術後の患者さんや未熟児の栄養など、医療でも利用されている成分なんです。

また、一般的な植物油と比べて消化吸収が早く、脂肪になりにくいとも言われています。

他にも、こんなに嬉しい特徴が♪

ココナッツオイルの効果

  • 菌の増殖を防ぐ
  • 抗酸化作用⇒老化防止
  • 皮下脂肪・内臓脂肪を減らす
  • 認知機能の改善
ココナッツオイルってすごいね

ただ、カロリーは他の油と同様にあるので、摂り過ぎには要注意。

普段使っている油製品を、ココナッツオイルと置き換える感じで使用するのが良いです◎

また、一度に大量に摂取するとお腹が緩くなる場合もあるのでご注意下さい。

 

コストコのココナッツオイルの特徴

本品は、コストコ自社ブランド「カークランドシグネチャー」商品です。

コスパに期待だね♪

さらにオーガニックタイプで、アメリカと日本の有機認証マーク付き◎

名前に「バージン」がつく1番搾りの未精製タイプなので、栄養価も期待できます。

また「コールドプレス製法」という低温圧搾法で作られているため、熱でオイルが変質することもありません。

こだわりのココナッツオイルなんだね☆

2285gの大量ココナッツオイルがドカンと入っているのも、コストコらしいですね。

 

コストコのココナッツオイルのコスパ

ネットでココナッツオイルの相場を調べてみました。

コストコ商品との価格差は、以下の通りです。

販売価格100gあたりの価格
一般的なタイプ200g 500円ほど約250円/100g
オーガニックタイプ200g 1000円ほど約500円/100g
コストコ商品2285g 1898円約83円/100g

コストコのココナッツオイルは激安ですね!

オーガニック品質、コールドプレス製法、未精製と言うスペックでありながら圧倒的安さ◎

ココナッツオイル好きの方は、ぜひコストコで買いましょう。

 

コストコのオーガニックココナッツオイルの味

ココナッツの風味はしっかりありますが、味という味はほぼありません。

ココナッツ風味の「The オイル」

ココナッツオイルに精通している方が使うと、少々風味が気になるといった口コミもありましたが、コスパを考えると十分な満足度だと思います。

ただ、料理油として使うには、ココナッツ感が出るので不向きかな??

全部ココナッツ風味になっちゃう(笑)

逆に、ココナッツ風味を出したい料理には合います。

あと、ココナッツオイルは温度により性状が変化☆

20℃以下だと白っぽく固まり、25℃以上になると無色透明の液体になります。

性状が変わっても、品質は変わらないので大丈夫です◎

 

ココナッツオイルの使い方レシピ

コストコのココナツオイルは2285gと大容量!

使い切れるか心配ですよね。

我が家で活用している活用方法をご紹介します。

色々トッピング

我が家では、バター代わりにパンに塗って食べています。

ココナツ風味で美味しく、違和感なく食べられます♪

他にも、コーヒーに入れればココナッツフレーバーコーヒーに☆

お好みで紅茶やコーンポタージュに入れても良いそうです。

 

料理に

ココナッツ風味を生かしたい、アジア系料理に合います◎

ココナッツ風味がお好きな方は、サラダ用ドレッシング作りに使っても良いですね。

 

クッキー作り

バターやマーガリンの代わりに、クッキー作りにも使えます。

ただ、全部をココナッツオイルに代えてしまうと、焼き上がりの生地が少し広がりやすく、油っぽくなりました。

バター規定量の一部をココナッツオイルに代えると良い感じに仕上がりました♪

 

パン作り

我が家では、ホームベーカリーで食パンを焼くのですが、バターの代わりにココナッツオイルを入れています。

食パンの場合は、バター規定量の全量をココナッツオイルに置き換えてもOKでした。

バターに比べると風味は少し変わりますが、子供達も気づかないレベル。

なにより、バターより安く作れますよ~♪笑

 

チョコレートに変身⁉

材料は、ココナツオイル・メープルシロップ・カカオパウダー・バニラエッセンスのみ。

お好みでナッツを入れてもOKです♪

冷蔵庫で固めればチョコになり、液体のままならチョコフォンデュとしても楽しめます。

ココナッツオイルの油分が胃にぐっとくるので、チョコの食べすぎ防止にも◎

 

髪の毛に⁉

無添加のココナッツオイルは、肌や髪にも使用できるそうです。

ただ、肌に関しては合う合わないがあり、推奨しないサイトもありました。

私は試しに髪に使ったのですが、割とココナッツの香りが漂います(笑)

子供達に「この香りは何⁉」と不審がられたよ

また、つけすぎると髪を洗ってない疑惑が出る位ペタっと油っぽくなります((^^;

という事で、軽く毛先に付ける程度で活用しています。

髪に使用する場合は、タイミングや量に注意しましょう。

好き嫌いあるので少量からお試しを☆

 

ココナッツオイルの保存方法と期限

ココナッツオイルは酸化しにくい食材なので、夏場でも常温保存でOK。

また、開封後は1年以内に使い切るのがベターだそうです。

 

コストコのココナッツオイル総合評価

コストコのココナッツオイルのポイントは以下の通りです。

  • コストコは圧倒的な安さ
  • 健康的な食品
  • ココナッツ風味満載
  • 量には注意

なんと言っても、コストコのココナッツオイルは非常に安いです◎

一般的に販売されているオーガニックでないココナッツオイルよりも安いって、すごいですよね!

ココナッツオイルには健康に良い成分も入っていますし、日常に取り入れたい食材です。

ただ、しっかりとしたココナッツの香りなので、ココナッツが苦手な方には相当厳しいと思います。

また、未精製なので精製されたものより栄養価が高い分、少しクセがあるかもしれません。

普段からこだわりのココナッツオイルを使用している方には、風味などが気になるかも?

あと、私的に1番気になったのが2285gというコストコの大容量サイズ。

使い切るまでにだいぶかかりました((^^;

以前のコストコでは1200g×2個で販売していたので、正直、前の方が使い勝手はよかったです。

ただ、2個セットの時は4千円近い価格だったので、今回大容量となり半額程になったので許容範囲とみるべきか…。

使い切れれば、スペックに対し大変お得な商品だと思います。

バター代わりにもなりますし、バター相場200g398円と比較すると本品は半額以下◎

節約にもなるね♪

ココナッツオイル好きの方は、ぜひチェックしてみて下さいね☆

 

コストコのオーガニックココナッツオイル原材料・カロリー


※現在は内容量2285gに変更

カロリーは15mlあたり120kcalと、他の油製品と同じくらいなので摂取し過ぎには注意です。

 

以上、

コストコの
オーガニック ココナッツ

レビューでした。

 

 

お得速報
Twitter

ゆるっと発信
YouTube

コストココレクション
Instagram

 

【情報参照元】
コストコオンラインショップ商品説明文
北脇信夫,ココナッツオイルでー10歳美人,宙出版,2014年

-商品レビュー, 調味料, 食品

© 2020 コストコガイド Powered by AFFINGER5