コストコ商品レビュー お菓子

コストコ人気チョコレート!ハムレット チョコクリスピー徹底レビュー

更新日:

コストコに、沢山あるチョコレート商品。

 

バレンタインデーの時、「コストコ バレンタインチョコ全種類ご紹介企画」という、変態的な企画をしたので、ある程度の知識がつきました。笑

変態企画はコチラ
バレンタインチョコ全種類ご紹介

 

その中で気になっていた、コストコチョコレートの王道

「ハムレット チョコクリスピー」

をレビューしたいと思います♪

 

根拠をもって調べようとしたら、ちょっと迷宮入りした情報もあるので、必見です。笑

 

 

ハムレット チョコクリスピー

 


購入価格:988円(2018/5月時点)

※5月初旬に購入し、月末に再入荷された際は「958円」でした。笑
輸入品なので、円相場で、価格変動する商品かもしれません


商品名:Chocola's Milk
名称:チョコレート
原材料名:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ライスクリスプ(米粉、砂糖、大麦麦芽抽出物、食塩、植物油)、乳化剤(大豆由来)、香料、安定剤(炭酸Ca)
内容量:500g(125g×4箱)
賞味期限:底面に記載(今回、購入日より約1年後でした)
保存方法:直射日光や高温多湿を避け、涼しい場所で保存して下さい
原産国:ベルギー
輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社

 

 

パッケージチェック


外国のオシャレな感じですね♪

特に、ツッコミ所はありません◎笑

 

開封は、上に切り込みがあるので、そこから☆

 

4箱、入っています。

箱が、一つ一つカーブしているので、可愛くオシャレ感が出ています(^^)/

 


正面写真は、大箱とあまり変わりませんね。

 


サイズ感も、大きすぎず、お手頃。

 


賞味期限は、大箱の底面に記載がありましたが、個包装毎に、側面に記載されているので、シェアやプレゼントにも最適♪

 

 

小箱の開封切込みは、側面の上です。

1箱目は、ここがわからず、ジャイアン的に無理やり開けてしまいました。


切子込みにそってやれば、オシャレ女子風に開けられます◎

 

中身の袋を開封しようとしたところ

赤い矢印が!

私は「赤い矢印を上向きに開封」という意味だと思ったのですが、旦那は頑なに「いや、矢印が下でしょ!!」と主張。

 

夫婦歴7年間の蓄積データでは、8割は旦那の言い分が正しいので、素直に従う事に☆

矢印を下にして開封すると

ねぇ、逆さまなんだけど!!

 

ほらね、たまには、私も正しい事を言いますよ。

皆さんは、矢印を上に向けて、開封しましょうね☆

 

ということで、無事開封です(^^)/

季節的に、ちょっぴりチョコ同士がくっついています。

溶けてしまっては、切ないので、今の時期は、お持ち帰りに保冷剤をお忘れなく☆

帰宅後には、冷蔵庫保管がおすすめです。

 

 

本当にハムレット製品なのか!?

いつも、パッケージに何か面白い事が隠れていないかチェックする、ワタクシ。

チェックがしつこすぎて、もはや怖いレベルです。笑

 

今回は、オシャレデザインのパッケージだったなぁ(^^)で、終了かと思いきや、ある大きな疑問が。

 

コストコファンの間でも、

「チョコクリスピー=ハムレット社」

というのが、もはや当たり前のように広まっているのですが…

 

 

パッケージには、どこにも

「ハムレット社」と記載がない!!

という事実。

 

マジです!!

 

え!?っと思って、朝方2時から気になりだして、もう調べないわけにはいかず。笑

 

パッケージをなめくりまわすように、観察したのですが「ハムレット(Hamlet)」の文字は見つけられませんでした。

 

外箱に記載された、和訳ラベルには

ベルギー産ということと、コストコが輸入したということだけ。

 

英語表記の部分を、めちゃくちゃ見ましたが、

記載されているのは「Elco Fine Foods」という、輸入会社名のみ。
(「Elco Fine Foods」で検索し、輸入会社らしいことを突き止めた:笑)

 

ただ、ハムレット社の本家英語HPを発見し、確かに「チョコクリスピー」がハムレット製品らしいという事は確認できました。
Hamlet HP
(パッケージはコストコと、違います)

 

輸入品でも、大元の製造会社名「ハムレット(Hamlet)」は、入れそうなのになぁ。

なぜだろう?

「みんなが美味しく食べてくれれば、社名は伏せてもよし」という、控えめな会社なのかしら。

 

その先は、私個人の力では、わかりませんでした。

迷宮入りの謎だ…( ;∀;)

 

事実を知っている方、ぜひご教授下さい~<m(__)m>

 

 

サイズ

もう、変態調査は飽きてきたと思うので、レビューに戻ります。笑

1枚あたり、約4g。

長さは、

縦 約4.5cm

横 約3.9cm。

カーブしているので、伸ばせば直線はもっと長そうです。

厚みは、約2.5cm

表面上は、クリスプチョコな感じですが

裏面はチェック模様。

しかも、チェックの中に模様のあるものと、ないものが!

シャレオツすぎる!!!

 

ちなみに数は、12枚入りが3列で、1袋に36枚入り。

カロリー表記は、12枚(1列)で220kcal。

1袋(3列)全部食べちゃうと、

660kcal Σ(゚Д゚;!!

ちょっと、危険レベルなので、食べ過ぎ注意なタイプです。笑

 

 

お味は??

ちなみに、「チョコレート全種類ご紹介企画」で事前調べがあったので、こちらの商品は、純粋なクリスプチョコだということを知っていました。

 

ロイズのような、ポテトチップスをチョコレートコーティングしたものでは、ありません。

それ以外は「コストコの人気商品」という知識だけです。

 

初めて食べる、オシャレなチョコレート

お味はいかに☆

 

 

はっきり言います。

 

 

 

おぉ、

クランキーチョコの

薄いバージョンだ!!笑

初めて食べるはずなのに、少し懐かしさがあるクリスプのプチプチ感。

ベルギー産ということもあってか、チョコ自体は、異国情緒ある外国系の甘いチョコです。

薄くて、パリパリっと食べる感じが楽しいですね♪

季節的に、常温で食べると、せっかくハイレベル技術で薄くしたチョコレートが、手にベタっとついてしまいます((^^;

また、常温ではフニャっとする噛み応えに(;・∀・)

冬場以外は、冷蔵庫で直前まで冷やして食べた方が、美味しい商品だと思います。

 

結構甘い系のチョコレートなので、この薄さだからこそ「アリ」だと思います。

固まりだったら、ちょっとキツイかも。

ただ、結構甘いのに、薄型がゆえ、いつのまにかパリパリと食べてしまう、ちょっと危険な商品でもあります。

 

まぁ、我が家では瞬殺でなくなりましたがね!!

 

そのまま食べるだけでなく、パフェやケーキに飾ると、かなりオシャレ可愛いアレンジができますよ~(^^)/

 

 

 

最終評価

・クランキーチョコの外国版(薄めスライス)

・パリパリの食感を楽しむべし。

・季節により、保管注意

 

めちゃくちゃチョコを食べまくりたい、ストレスMAX状態の時は、ほいじゃ、単価的にも「クランキーチョコ」を食べりゃいい気もします。

 

ですが、この薄さとパリパリ感、上品なオシャレ感は、この製品にしか出せない良さ。

数枚をブラックコーヒーと飲むという、リラックスタイムにはいいかも◎

結構甘いので、甘めチョコレートが苦手な方は、1個買いでお試しすると良いですよ(^^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハムレット チョコチップス36p ミルク
価格:486円(税込、送料別) (2018/5/29時点)

店舗によりますが、カルディや成城石井で、お見かけ情報がありました☆

 

 

こちらの商品、我が家的に、次は4種アソート試しでというジャッジです。

他の味も試してみたいと思います。

 

ちなみに、4種アソートは、現在コストコ浜松では見かけず(涙)

ご紹介した1種類のタイプも、入荷するとすぐ売り切れちゃう商品なので、気になる方はお早めに☆彡

コストコ浜松では、5/25時点で在庫有りです◎

 

以上、「クリスピーチョコ」レビューでした♪

 

 

応援ありがとうございます☆
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ

-コストコ商品レビュー, お菓子
-

Copyright© コストコガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.